日本・京都近郊のカジノ2021年最新リスト

日本におけるギャンブル行為は刑法第23章で禁止されていますが、競馬やモータースポーツ、競輪などの例外も認められています。このようなギャンブルは、私たち日本人が合法的に賭けることが可能なゲームやスポーツです。

京都にカジノはあるのかというと、残念ながら答えはNoです。いくつかの大手カジノ会社が京都に進出しようと考えているようですが、現在のところ認可を受けたカジノはありません。

京都競馬場

日本にはまだカジノは存在しませんが、京都競馬場があります。京都競馬場は日本最大級で、1924年に開場した西日本で最初の競馬場です。1999年に再建され、現在の最大収容可能人数は12万人です。競馬場の所在地は、京都市伏見区吉島渡島町32です。

ご存知ない方のために説明すると、競馬場は川のすぐ近くに位置し、コースの中心には大きな湖が設けられています。このコースでは、ダートとジャンプコースの2種類のレースが行われています。

京都近辺のカジノ

残念ながら京都には今のところカジノは存在しませんが、オープンの可能性がないとは言い切れません。しかし、京都近辺に住んでいて、競馬がお好きではない場合もご心配なく。近くにギャンブルを楽しめる場所があります。京都から1159キロ離れた韓国には、ギャンブルを楽しむことができるカジノが何か所か存在しています。

京都近辺の有名カジノは以下のとおりです。

  • パラダイスカジノ&ホテル釜山
  • インターブルゴカジノ&ホテル大邱
  • パラダイスカジノ済州 ロッテホテル西帰浦
  • 江原ランドカジノ&ホテル旌善郡
  • アルペンシア カジノ大關嶺面
  • ソラクパークカジノ&ホテル束草
  • セブンラックカジノ 釜山ロッテ
  • パラダイスカジノ&Wウォーカーヒルソウル

韓国への旅行の際には、同様のことが言えるかもしれません。入国のためには、パスポートを含む必要書類を求められる可能性があります。世界的なパンデミックの影響を受け、韓国政府は現時点で水際対策を実施しており、対策には短期滞在を許可しないことが含まれています。これらの入国制限措置には、日本国民や永住者も対象に含まれています。

韓国では、入国時に以下のような条件を設けている場合があります。

– 14日間の強制隔離措置

– 到着時のCOVID-19検査

– 連絡用スマホアプリのインストール義務化

しかしご心配なく、これは一時的な対応です。現時点で京都にカジノはありませんが、国内には現在進行中の合意もあり、日本でもカジノをオープンすることが可能となる法律が成立しています。カジノは統合型リゾートの一部であり、日本における大きなプロジェクトとなります。日本でカジノがオープンする時期の目安は、2025年とされています。世界的な危機に直面しているため、これは最短での予測となります。実現するまでは、ご自宅でオンラインプレイを楽しみましょう。

現在はパンデミックの最中ですから、旅行に出かけることは安全とは言えません。将来、健康上のリスクがなくなり、近くのカジノに行ってみたいと思った時に活用いただけるよう、当サイトではこのようなガイドラインを提示しています。

今では、自宅で遊べるオンライン賭けゲーム、カジノ、ポーカーなどが揃っています。外出して遊ぶ必要はないのです。そしてオンラインでは、世界中の人と遊ぶチャンスもあるかもしれません。世界的な危機の中ですが、この危機を私たちは乗り越えられると信じています。要請された安全対策をしっかりと守り、全てが正常に戻ったとき、自由に遊べる場所に旅行に行けばいいのです。現在のところは、家で安全に過ごすことが一番の予防策でしょう。